ホーム公共職業訓練(委託訓練)・求職者支援訓練公共職業訓練(委託訓練) > 訓練生への注意事項

訓練生の注意事項

連絡事項

1.入校式当日の手続きについて

ハローワークの受講勧奨通知書を持参している方は提出してください。(コピーさせていただいた上で講師より返却いたします。

2.通所の手段について

自宅から当校までの通所手段は、徒歩・公共交通機関(電車・バス等)とします。(自転車・バイク置き場等は用意しておりません。)

3.訓練の欠席等について

欠席・遅刻・早退・外出の場合は事前に「欠席・遅刻・早退・外出届」を提出してください。緊急の用事で欠席する場合は当校に必ず連絡し、翌訓練日に「欠席・遅刻・早退・外出届」を提出してください。

4.気象情報等について

  1. 気象警報が発令されたときは、下記のとおり対応をお願いします。
    1. 当日午前6時50分現在、NHKのテレビ・ラジオのニュースで、京都府全域または京都府南部に暴風警報が発令されている場合は、自宅待機とする。
    2. 午前9時までに暴風警報が解除された場合は、10時30分より訓練を実施する。
    3. 午前10時現在、引き続き暴風警報が発令されている場合は、臨時訓練休とする。
    4. 午前10時現在、暴風警報が解除された場合は、13時30分(午後)より訓練を実施する。
    5. 訓練開始以降に暴風警報等の警報が発令された場合は、当校からの指示によるものとする。

  2. 地震等天変地異が起こったときは、講師の指示に従い速やかに、安全な場所へ避難をしてください。

5.訓練実施期間中の保険加入について

緊急人材育成・就職支援基金事業訓練の訓練生は、労働者災害補償保険法(労災保険)への特別加入ができないため、訓練実施期間中、基金訓練の訓練生向け保険に加入しています。
基金訓練生が訓練中もしくは通所途上において負傷し、または基金訓練に起因して疾病にかかった場合に支給されます。ただし、当該基金訓練生の故意または重大な過失により負傷し、または疾病にかかったときは、支給されないことがあります。この場合、通所途上とは、基金訓練生が基金訓練を受けるために、住居と当校との間を合理的な経路および方法により往復する過程をいいます。途中で往復の経路を逸脱し、または往復を中断した場合にはこれらの行為以降の過程を含みません。
また、訓練日以外の日は保険対象外です。 

職業訓練についてのお問い合わせ
代表:075-708-7886
教育部:075-708-7252