ホーム平成27年度処遇改善公募型事業実施レポート > A-5研修

【A-5】管理職研修レポート

【フォローアップ】3月4日(金)

研修内容

1.来期の目標を設定する
2.習得したスキルを実践に活かす
3.リーダーとしての自己革新

講師コメント

管理職5日間コースのフォローをしました。
5日間の研修で習得していただいたスキルをどのようにして、自分の職場で活用できているかを下記の3点を中心に各自に発表していただきました。

  • うまく出来た事例
  • うまくいかなかった事例
  • 活動中に気付いた事

うまく出来た要因では、コミュニケーションを多く取るようにして、部下の考え方がよくわかったという話が多くありました。
うまくいかなかった原因については、管理職によくある"日常業務が多く何をどのようにしようか、ということを考える時間がなかった"という意見がありました。
そこで"考え事をする時間をどのように作るか"というテーマでグループ討議をし、この方法なら出来そうだという事を共有しました。

研修風景、参加者コメント

グループA

  • 紙に書く事で個人目標が明らかになった。あとは実践するのみ。

  • “管理職として”が具体的でわかりやすかった。

  • 考えている事を半分も言えなかったので、今後コミュニケーション能力を高めていきたい。

  • 短期的、長期的両方の目標を立てる様にしたい。特にすぐ出来る事は実践していきたい。

グループB

  • 職務分析が重要である事が大きな気付きであった。

  • 役割マトリックスの考え方がなかったので勉強になりました。作ってみたいと思います。

  • 今後のなりたい自分と行動計画は、自分との約束でやりぬく事を決めた。

  • 65才の自分を考えた事がなく、人生のためにも勉強になった。

【第5回】2月9日(火)

研修内容

1.プレゼンテーションの基本を身につける
2.上手に聞き手に伝える心構え
3.上手な話し方のポイント

講師コメント

管理職研修5日間コースの最終回です。 午前中はグループ研究として儲かっている企業がなぜ儲かっているかという分析をし、その要素を自社に取り入れられたらどうすべきかを検討しました。
午後からは管理者として人前でプレゼンテーションをする時の心構えを学んでいただき、各自に自社PRを3分間していただきました。 研修1回目はなかなか3分のスピーチができませんでしたが、今回はほぼ全員が3分間を超える時間のスピーチができるようになりました。
ほとんどの方に5回ともご参加いただきありがとうございました。

研修風景、参加者コメント

グループA

  • 他社との交流で比較できる良い機会でした。

  • 研修を通じてコミュニケーションの大事さを感じました。

  • コミュニケーションの手法は分からないことが多かったが、オフィシャルな事が学べた。

  • プレゼンの仕方で第3者の目線でフィードバックができ、勉強になるいい機会でした。

グループB

  • 会社説明のスピーチでプレゼンをいかに上手く行うか。皆の前で発表した経験で自らの癖がよく分かった。

  • 儲けている企業に関するグループ討議は自社に置き換えて(自社のことを良く知る)考えるいい機会となった。→稼ぎ方を考えねば!

グループC

  • 異業種の人たちと話し、違う目線で考える事が出来るようになった。

  • 話をする時の人それぞれ癖がある事に気付いた。

  • プレゼンの内容をフィードバックしてもらえた事が勉強になった。

グループD

  • 他社の分析をする事で自社に何を活用していくべきかを気づく事ができたのでとても良かったです。

  • プレゼンをする時の事前準備や自分の欠点なども分かったので今後に活用していきます。

【第4回】1月15日(金)

研修内容

1.部下の"やる気"を引き出す
2.モチベーションの基本的案な考え方
3.企業研究・自社研究

講師コメント

今日のテーマは部下育成能力の向上と自己革新能力の向上について行いました。
まず、部下の“やる気”を出すにはどうしたらよいかということをグループ討議しました。発表で多かった意見としては①褒める②仕事を任せる③正当な評価ということでした。
また、モチベーションを高めるには目標を明確にし、目標を達成するための管理者としての支援が重要だという発表もありました。非常に具体的な発表で良かったと感じました。

研修風景、参加者コメント

グループA

  • 部下だけでなく自分のやる気に気付けた。

  • 自分の目標を改めて設定しようと思う。

  • 部下のモチベーションを上げさせるために今日習ったことを実践したい。

  • 褒められていた事を思い出した。

  • 今日習ったこと(褒める、任せる)を意外と自分が出来ていないことに気付けた。

  • 宿題を頑張ります。

グループB

  • 過去に上司から褒められた時の感情を思い出した。

  • やる気を出させるための対策を改めて考えさせられた。

  • 管理職は違う種族だと思う必要があると認識できた。

  • 面談の必要性や時間のかけ方を理解できた。

グループC

  • 「やる気を高めるために」では自己投資でランクアップして違う自分を発見してみようと思った。
  • 「儲かっている企業」では決めた会社のことを何も知らなかったので違う会社のことも興味を持って行こうと思った。
  • 「やる気が出た時」自分が果たしてどれだけ褒めているかについてまだまだ足りていないと思った。
  • 目標の明確化とその示し方がまだ足りていないと感じた。
  • やる気のない部下に対してやる気を出させる為に役割分担をあきらめずに伝えていこうと思った。

グループD

  • マイペースな部下に対する対応などいろいろな意見が聞けたので参考にしていきます。
  • 面談の時間も目標設定の際にはしっかりと時間を使って設定していこうと思いました。
  • やる気の出し方なども他のグループも含めてたくさんの意見が挙がっていたので自分に合った部分を取り入れていきます。

【第3回】12月4日(金)

研修内容

1.いい仕事には、いいコミュニケーションがある
2.コミュニケーションのスキルアップ
3.職場で活躍しているマネジメント職の特徴

講師コメント

今日のテーマは「コミュニケーションの重要性を理解する」です。現在の職場においてはコミュニケーションが非常に大切です。
仕事をするためにはみんなが協力し合っていかなければなりません。 そのためにはコミュニケーションが重要になります。また管理者としてコミュニケーションを大切にしながらどのようにリーダーシップを強化していくかを考えなければなりません。
リーダーシップを強化するために参加者が職場において今実施していること、または今後しようと思っていることをグループ討議で意見交換をしました。 グループ討議の内容を発表していただきましたが、具体的な内容が多くあり、参加者には役立ったと思いました。

研修風景、参加者コメント

グループB

  • 他社の取り組みが自社の参考になった。

  • 自社の取り組みを再確認できた。

  • 人望がいかに自分に役立てるか理解できた。

  • 部下のことを考えてどのように活動していくか考える時間ができて良かった。

  • 革新力やコミュニケーションが身近に必要な状況なので勉強できて理解が深まった。

グループD

  • なかなか思い通りに動いてくれない部下も多いが、へこたれず今日の研修で得た内容を実践していきたい。

  • 革新力という言葉自体考えたこともなかった。初めて考えてみて自分の知らないことがあり、新たな自分が発見できて良かった。

  • 4つの能力の中で自慢できるものはないが、チャレンジ精神に関しては行っている。ただ、指導力などのあたりは今後意識して日々接していきたいと思う。

  • スタッフ・お客さんにもコミュニケーションについて通ずる所がある。今日いくつかヒントを得たので次に繋げていきたいと思う。

  • 革新力は考えたこともなく、現状に甘んじることなく考えていかなければいけないと思った。

  • なかなか性格は変えられないが無理してでも演じて引っ張っていく必要があるのだと思った。

【第2回】11月27日(金)

研修内容

1.計画能力を向上させる
2.計画は「積み上げ型」から「先読み型」へ
3.目標管理の手順

講師コメント

会社が置かれている現状を分析(内部環境・外部環境)し、今後どのように対応していかなければならいなかをグループ討議しました。
架空の事例だと理解しにくいこともあり、研修会場の1階にあるコンビニエンスストアと決めて討議を具体化しました。
各グループに環境分析から導き出された結論を発表していただきましたが、具体的で目新しい提案がありました。同様のやり方で自分の仕事とプライベートな事を3年後から15年後まで各自で検討しました。2名の人に楽しい将来を発表していただき会場が和みました。

研修風景、参加者コメント

グループA

  • 人数が少ない分、自分の意見を出す機会が多くてよかったのですが、新たな視点が出る機会が少なかったため残念でした。

グループB

  • 環境分析という切り口で物事を見られるようになった。

  • データ分析以外の分析方法を知ることができて良かった。

  • 個別ではなく全体的な視点での分析を習得できた。

  • 自分の将来を逆算する視点が分かった。

グループC

  • コミュニケーションが取りやすくなりました。

  • 外部環境分析の機会(チャンス)が非常に難しかった。

グループD

  • SWOT分析に沿った考え方が難しかったです。今後計画を立てる上で参考にします。

  • 普段考えていない部分を考える機会となりました。

  • SWOT分析を始めてやったので社に持ち帰りやってみます!

  • 職種が違うメンバーでコンビニをテーマに議論し考えたことがためになりました。

  • SWOT分析をロールプレイングで体験できたので仕事に活かしたいです。

【第1回】11月6日(木)

研修内容

1.オリエンテーション
2.管理職を考える
3.管理職に求められるもの

講師コメント

本日はスタート初日です。

  1. 管理職に期待されていること
  2. 部下とどのようにして信頼関係を築くか
  3. 管理職としてリーダーシップを発揮する

ということに対してグループ討議をして、自分たちなりの結論を出していただきました。
思っていた以上に独自色を出した発表が多く参加者の皆さんにも役立つものが多く見受けられました。
初回とは思えない程のグループ討議が活発で楽しい研修になりました。

研修風景、参加者コメント

グループA

  • 自分の短所…自分でやってしまう(人を動かすことが下手)こと←ここが一番大事ということが分かって良かった。

  • 強み・弱み…信頼関係を築くという目標は良いことだが一番難しい。この強化を図っていきたいと思った。

  • 最なことの内容だったがすぐ実行できるかというところが心配だ。徐々に実践していきたい。(会社として合うところは)上を目指して頑張りたい。

  • 自分の甘さに気付けた瞬間を無駄にしてはいけないと思った。発言が参考になった。

グループB

  • いかに自分が考えていなかったか気づいた(なぜ挨拶が必要なのかなど) 自分の会社でマネジメントについてできているところ、できていないところがはっきりした。
  • 部下との信頼関係をどう築くのかグループ討議で色んな異業種の方の意見が聞けて参考になった。
  • 分かっていることと分かっていないことを気づかされた。
  • すぐにはできないが、今後どうするか考えさせられた。

グループC

  • 積極性に欠けるのが改めて分かった。リーダーシップをもっと発揮していきたい。
  • 充実していた。次回以降も頑張りたい。現職の仕事の内容とマッチにないことがあった。
  • 人材育成の能力を身について持って帰りたいと思った。思ったより楽しくできた。
  • 思い当たる節のある事ばかりだった、自信につながると思った。
  • 普段使わないような頭の使い方だった。これを機会に自分を見つめ直すようにしたい。

グループD

  • 講師の方がはっきりと意見を下さるのでためになる。
  • 自分の考え方が狭いことがわかった。
  • 人相手の仕事なので場違いかと思ったが、製造の方と悩みが同じことに気付いた。
  • 研修の内容が会社での課題と重なりためになった。
  • グループ討議の中で模範解答を探してしまった。抽象的な意見から具体的な意見を言えるようになりたい。
  • ここで学べることが会社で活かせそうなので、残りの4回が楽しみであるとともにもっと勉強する必要を感じた。
  • とっさの判断ができるようになりたい。(現場を把握しておくことの大切さ)