ホーム平成27年度処遇改善公募型事業実施レポート > A-1研修

【A-1】中堅社員研修レポート

【フォローアップ2回目】3月9日(水)

研修内容

1.みんなの意見を引き出し、合意に導く
2.あなたの"説得の仕方"は正しいか?
3.伝えて、引き出し、合意させる

講師コメント

中堅社員研修の総仕上げとして“心構え”と“スキル”の復習を行いました。
心構えとしては、自らのポジションを再確認し、上司を説得したり、部下や後輩をリードしていく立場であり、特に近年は自ら企画し自立(主体的)して動く人材が求められていることを再認識しました。
スキルとしては、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の際に必要な“説明力”や“説得力”を、演習を繰り返し行うことで学びを深めました。
また、チームリーダーとして周囲を引っ張り、成果を最大限に引き出す為の“ファシリテーションスキル”の必要性も理解し、演習に取り組みました。

1人5分のスピーチも楽々こなしている現在、研修当初とは違い大きく成長した姿が見られています。今後も自職場に戻っても実践を続け、個人の成長を祈念すると共に京都の人材能力アップに寄与していただければと思います。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 今回も楽しくリラックスして受講出来ました。会社でも活かせる事が多く為になったと思います。

  • ファシリテーション研修を学びました。今回の学びを社内会議の場で還元していきます。

  • 準備って心を整理するという意味でも大事なんだなと思いました。やりすぎて困る事はあまり無いと思うので、しっかり準備する事を意識したいです。

  • 説明・説得するうえで言葉で表現するだけでなく、ボードや紙を使ったりして視覚から表現することで、さらに相手に分かりやすく説明できることを学んだ。

グループB:

  • 全12回参加できて良かったです。自信の人間力UPにつながったと思います。

  • 全12回楽しかったです。いろいろ勉強できて良かったです。

  • 異業種の方とのコミュニケーションはとても楽しかったです。営業研修ではなかったので、コミュニケーションを重視で取り組めて、とても良かったと思いました。

  • コミュニケーションを取るのが苦手で、研修でやっていけるか不安でしたが、始まってみると、いつもとは違う職種の方々と話すのがとても新鮮で面白くなりました。これを会社でも生かせるようにしたいです。

  • 会社では出来ない、良い体験が出来ました。ありがとうございました。

グループC:

  • 今日で最後だと思うと感慨深いものがあります。機会があればまた参加したいと思います。いろいろ為になり学ぶ事も多かったです。ありがとうございました。

  • 全12回ありがとうございました。ここで学んだことを会社でも取り入れていきたいです。

  • 12回ありがとうございました。学ぶと言うことは真似るで良いのかと納得しました。真似る人を探してみたいです。
  • 今回の研修に参加でき、人に対する対応の仕方や話の組み立て方など、とっても勉強になりました。

【フォローアップ1回目】2月18日(木)

研修内容

1.中堅社員への期待
2."報・連・相"のレベルアップ
3.やる気をあげる方法を理解する

講師コメント

2ヶ月ぶりの出会いでしたが、参加者の皆様は全員元気で、嬉しかったです。フォローアップということでカリキュラムは復習+新ネタ半々で臨みました。
「演習①2つの違い」では、「目的」や「目標」といった、知ってはいるが意味をきちんと理解していないビジネス用語を再確認しました。
「演習②自分事と他人事」では自職場の悩みや課題を一旦手放すテクニックを用いることで、冷静に問題解決を進めていくやり方を体験しました。
3月の2回目では、もう少し厚みを増して総仕上げとしたいと思います。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 久々に皆さんにも会えて、先生にも会えて、考え方など復習も出来て良かったです。
  • 話す事の大切さを感じました。外に発信することで自分を客観的に見られるんだなと感じました。
  • 久しぶりの研修で緊張しましたが、段々と慣れてきて楽しかったです。積極的に話をしていきたいと改めて思いました。
  • 研修の場に参加させて頂くと、やはり良い空気感があるので安心して、リラックスして受講できました。
  • 2ヶ月ぶりに皆さんに会えたので良かったです。又、久々にディスカッションを行いましたが、上手く話せなかったので継続的に意識していきたいです。

グループB:

  • 皆に会えてよかったです。楽しかった。
  • 伝え方という演習で、勉強になりました。
  • 悩みに対して真剣に考えていただけて嬉しかったです。
  • 久々に刺激を受けることが出来て良かったです。
  • 皆に会えてよかったです。伝える事の難しさを再認識できました。

グループC:

  • 中堅社員研修という「研修」を久々にして、結構頭を使ったし、会社で行う事とは全く違う勉強なので自分の気持ちも少し新たな気持ちになった。
  • 久々に皆さんに会えて楽しかったです。最後の1回も頑張ります。
  • 研修の内容を思い出す事もできましたし、今回の内容も良かったと思います。
  • 自然と説明するときの内容の組み立て方が、研修中に習ったようになってきているのにビックリしました。

【第10回】12月15日(火)

研修内容

1.nEQの活用
2.自分の感情を知る
3.相手や周囲の感情を知る
4.日常生活の行動を変えることで、心を鍛える

講師コメント

10日間の研修の総仕上げを意識しました。テーマを「nEQ力をアップし、現実実践に繋げる」とし、主な演習のおさらいをしました。
5分間スピーチも概ねこなし接続詞カードの各種演習も繰り返し学習の成果が出て大変スムーズに行えました。この研修で学んだ事をぜひ現場で実践していただき中堅社員として周囲に周知し影響力を発揮していただきたいと思います。
6/30~の半年間本当にありがとうございました。
皆様の更なるご活躍を祈念しております。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • nEQ診断結果で改めて自分の弱いところを実感した。

  • 喜怒哀楽が本当に楽しかったです。表情筋を鍛えます。

  • nEQ診断を行えてよかったです。

グループB:

  • 個人でとは違い、人前でコミットメントを発表して話す機会はあまり無かったので新鮮でした。

  • nEQの結果を意識して伸ばす部分など改めて認識しました。ありがとうございました。

  • 自己暗示的なことでも続けて習慣にし、身につけたいです。

  • 今日決めたことを忘れないように。時々思い出していきたいと思います。

グループC:

  • nEQ力向上を目指し努力したいと思います。

  • 研修で学んだ事を活かせるように頑張っていきたいと思います。

  • nEQの自分の課題をもっと伸ばしていこうと思います。

  • 今回で終わると思うとすごくあっという間でした。今までやったことをもう一度見返したいです。

  • 研修会というものに参加するのが初めてで不安だらけのスタートでしたが、終わってみるとあっという間だったのが率直な気持ちです。普段の仕事で体験できない事がいろいろと出来たので良かったです。

グループD:

  • 最後の研修だと思うと少し寂しいですが、全体を通してすごく有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。

  • きっかけを多く学びましたが持ち帰って活かすのは自分次第だと思いました。もう来なくなるのが寂しいくらい楽しい研修でした。ありがとうございました。

  • 全10回ありがとうございました!印象に残るキーワードが多くて勉強になりました。

  • 長くも短くも感じる半年間でした。ありがとうございました。

グループE:

  • nEQ診断の結果を見て自分の癖などを改めて見直したいと思います。
    ありがとうございました!

【第9回】11月24日(火)

研修内容

1.対話力を強化する
2.人を動かすリーダーシップ

講師コメント

前回(第8回)に引き続き、中堅社員の基本スキルのひとつである“説得する”を学びました。説得の基本組み立てである3要素①事実②経験③相手のメリットを習い、それに基づいてチーム制でディベート演習を行いました。
今回のディベートのテーマは「会社の“イメージカラー”を考える」として、それぞれが対話をベースにお互いの主張を説得しました。現実の業務では自分の価値観とは違う又は好みではない商材やサービスを扱う場面もあります。
そんな時のための予習としても有効な演習になったと思います。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 相手に話させない説得の方法もあるんだと勉強になりました。

  • 前回よりも少しリラックスして話せたかなと思います。勝てて良かったです。

  • 色々な事を想定したり、その場で対応しないといけないのは難しいけれど、楽しかったです。

  • 自分の好きな色ではない色の立場で考えていくことで、今後好きでないことをする上での良い経験になって良かったです。

  • 自分の意見を話すのが、難しかったです。

  • 初めてお話する方もいて楽しかったです。人に自分の意見を伝える事は難しいなと思いました。

グループB:

  • ディベート楽しかったです。

  • 説得するのは難しい。

  • 説得について深く考えた事がないので、いい勉強になりました。

  • 前回よりは落ち着いて出来ましたが、やっぱりディベートは難しく緊張しました。

  • 説明すること、説得すること言葉のチョイスの難しさに考えさせられた。

グループC:

  • 相変わらず相手を説得するディスカッションは難しいと感じた。自分の事だけではなく相手側の立場に立つ重要性を再認識した。

  • 今回のテーマは割と実務に近いものだったので、考えやすかったです。でも内容に限らず、論をきちんと組み立てていける様にならないといけないなと感じました。

  • どちらにもメリットがある論点でのディベートは難しかったです。自己の論をいかに分かりやすく伝えるかが難しいです。

  • 相手を説得するという事の難しさを改めて体感しました。実務業務でも活かしていきます。

  • 最後の説得の演習では、順序立てて説明されるのとそうでないのとでは、受ける印象に大きな差があるなと思いました(特に上司という立場なら)。自分がそんな側に立った時は気を付けようと思いました。

グループE:

  • 楽しかったです。

  • 相手を説得するのは、やっぱり難しかったです。

  • またまた寝返りそうになりましたが、少しずつ、つかめてきたと思います。 説得するのは難しいと思いました。

  • ディベートを日常業務に落とし込もうと思うと、討議(商談)に臨むために、しっかり準備することが必要な点が共通すると感じた。

【第8回】11月10日(火)

研修内容

1.プレゼンテーションとは 7.話の終わり方
2.プレゼンテーションの構成要素 8.プレゼンテーションの後で
3.プレゼンテーションのタイプと展開 9.スキルを効果的に発揮する
4.聞き手を分析する 10.スキルを効果的に発揮する
5.プレゼンテーションの内容構成 11.視覚補助具と会場設営のポイント
6.本論の構成

講師コメント

中堅社員研修も8日目を迎えそろそろ仕上げの段階に入ってきました。その第一段階として今回は中堅社員の実践スキルとして重要な説得を演習を通じて行いました。

  1. テーマについて主訴を考える(ターゲット)
  2. 持ち時間に合わせた構成を考える(構造)
  3. テーマ場に応じたプレゼンテーションスキルを考える。

1~3をグループ学習で学びました。
ディベート型式で行い特に「相手の立場に立って考える」ということに深い学びがあったようです。

研修風景、参加者コメント

グループB:

  • 相手を説得するにあたって相手側の思いがけない設定などに反論するのが難しく考えさせられた。

  • 自分の言いたいことを相手に伝えるのが難しかったです。

  • 説得するというテーマでディベート演習を実施相手に説得してもらうにはどうすべきかという事を学びました。今回の反省点を次回ディベート演習に反映させていきたいです。

  • 説得が難しかったです。相手の言葉を正確に受け止めて投げ返すのは練習しないといけないと思いました。

グループC:

  • ディベート難しかったです。次は流れが分かったので上手く話を展開できればと思います。
  • 自分の主張はしっかり持ちながらどこまでなら妥協できるかという基準もはっきりさせた方が有利に進行しやすいのではと思います。
  • 普段でも緊張するのにディベートの場に立つと頭が真っ白になってしまい思っていることが話せないと改めて感じました。
  • 相手の主張も考慮しながら自分の主張を貫くことが難しいと感じた。
  • 自分たちの主張と相手側の主張と折り合いをつけるのも大切だと思った。

グループD:

  • ディベートがとても緊張しました。話し合いをする際にはちゃんと調査しておくべきだと痛感しました。もっと緊張せずにできるようになりたいです。

  • 相手が納得するような道筋を立てて話すのが大事だなと思いました。すごく緊張しましたが勉強になりました。

  • 立論、質疑と項目がわかれたディベートは相手・自己の主張受け答えを的確に行うことが難しかった。

  • ディベート時に遊び心や楽しくする気持ちを出してしまい負けてしまい残念です。本質を理解・吸収するように次回はまじめに行います。

  • 道筋を立てて話そうとすると頭でわかっていてもなかなかできないものだと実感しました。楽しかったです。

グループE:

  • 感情的になって話をしたら会話が難しくなると思いました。

  • 言おうと思っていたことがすべて飛んでしまいました。次回はしっかりやりたい。

  • 説明の際に熱意と感情の境が難しいと感じました。楽しかった。

  • 人に伝える時の話すスピード・トーンなど他の人のディベートを見ることができたので楽しかったです。

【第7回】10月20日(火)

研修内容

1.合意へ導くスキル「ファシリテーション」
2.ファシリテーターはプロセスに関わる
3.相互作用を使って枠組みを打ち破る
4.ファシリテーションの四つのスキル

講師コメント

7回目では、各グループメンバーの雰囲気も良くなってきているので、中堅社員に求められるコミュニケーションの取り方を深める演習を実施しました。
コミュニケーションの本質である、次の3つの要素(情報、意思、感情)の交換時における違いを実感することで、自社の現場で活かす事が出来ます。 また、「情報」の活かし方を少しハードルの高い演習を通じて実施しました。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • レジャーランドの説明で、相手を納得させるという説明が、自分の先入観もあり難しかった。相手側の意見も受け入れる自分の態勢も必要だと思った。

  • 接続詞のカードを使った演習は、相変わらず難しかった。意識して話をする様にしたい。また、レジャーランドはカードから情報を聞き取って、当てはめていくのは面白かったが、違う意見の人への説明がやっぱり難しかった。

  • 最後のレジャーランドの課題について別の考え方が出てきて、こんなに議論が白熱するとは思わなかった。

  • 印象に残ったキーワード:コミュニケーション上手な人は、会話の中で感情、主張が豊富。

  • レジャーランドの演習では、一つのキーワード次第で答えが変わることが勉強になった。

グループB:

  • お互いに言葉だけを使って、情報を整理し、解決に導いていくことの大変さを実感しました。コミュニケーション大事だなと思いました。

  • 情報を協力して集めて、一つの結論を出す演習は楽しかった。

  • お互いの意思を出し合って、協力し情報を使って、コミュニケーションが楽しかったです。

  • ビジネスのコミュニケーションでは、感情を出さない方が良いのだろうと思い込んでいたので、3要素は目からウロコでした。これから意識して仕事上、接したいと思いました。

グループC:

  • 感情表現を練習しようと思いました。
  • 頭の運動になり、意見の吸い上げ等が勉強になりました。
  • レジャーランドの演習は、問題もすごく良くできたと思いますし、とても楽しく勉強になりました。
  • 情報を出し合って、まとめていく作業が勉強になりました。

グループD:

  • コミュニケーションの取り方、相手に情報を伝える方法、とても楽しく学びました。

  • 同じ課題をやっていても、人によってとらえ方が違っていて、意見のすり合わせ等、難しかったです。

  • 一人一人が情報を出し合い、一つのものを作成していく事が難しくもあり、楽しくもありました。

  • お互いに聞いたり、話したり、順番を決めたり、勉強になりました。風の吹く範囲をなめていました。

  • レジャーランドの課題の、詰めていくところを当てはめる、空いた部分をそれぞれが調べたりと共同作業する事が難しくも楽しかったです。

【第6回】10月6日(火)

研修内容

1.KJ法を活用した改善手法を習得する
2.問題を発見する視点を身につける
3.問題を発見し、解決策を検討する
【演習】ブレインストーミングの応用演習

講師コメント

中堅社員の実務能力に必須の一つである発想法を学びました。KJ法やBS法の例として、双六作りを題材に自由な発想と、出てきた意見のまとめ方を習いました。また、スピーチ練習の応用も行いました。
接続詞に注意して、いかに聞き手を引き付けるかを3回もの練習を繰り返して、実感がつかめたと思います。次回はもっとパワーアップして臨みます。楽しみです。

研修風景、参加者コメント

グループB:

  • 接続詞1つで、次の話の内容が変わっていくというのを学べた。
  • 普段使わない思考力を使う課題が多かったように感じた。接続詞の連続でも、それなりに会話が続くことは新鮮だった。
  • 接続後の使い方で、色んな発想の展開が生まれて面白かった。
  • 接続詞を意識して使うことがあまり無かったので、頭をめちゃくちゃ使いました。でも楽しかったです。

グループC:

  • 今日は頭を使って色々アイデアをアウトプットする事が多かったのですが、意外と出て来なくて、普段ちゃんと"考える"ことをしていないんだなと、思いました。でも、ゲーム感覚だったので、面白かったです。
  • 言葉の使い方、アイデアの使い方ひとつで可能性を広げることが出来ると勉強になりました。
  • グループでアイデアを出して進めるのも、いざ自由にやるように言われると、なかなか難しいなと感じました。
  • 接続詞次第で、言葉がどんどん色々な方向に広がるのが楽しかった。自由なテーマで物事を決める事は難しいと思いました。久々に頭を使って疲れましたが、楽しかったです。

グループF:

  • 会話の続け方がすごく参考になり、今後も使っていきたいと思います。
  • チームの皆さんの絵心が素晴らしいと思いました。
  • 考える事も多く、楽しく学習が出来ました。
  • 楽しいけれど難しく、疲れました。

【第5回】9月15日(火)

研修内容

1.合意へ導くスキル「ファシリテーション」
2.ファシリテーターはプロセスに関わる
3.相互作用を使って枠組みを打ち破る
4.ファシリテーションの四つのスキル

講師コメント

第5回目のテーマは「合意形成」です。中堅社員は上からの指示、下への指示等、様々な意見や考えを自分なりにまとめたり、伝え直す立場にあります。
現場でのコミュニケーションには、多くの「好き嫌い」「善い悪い」の感情が混在しており、それに翻弄されすぎるとメンタルヘルス不全を起こします。お互いの感情の背景を知る事、理解する事の大切さを、多くの演習を通じて学びました。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 合意形成について、一つのテーマでも深掘りのやり方や価値観の違いで様々な考えがあり、とても参考になりました。
  • 一人で物事の考えを出すのは簡単ですが、そうじゃない場合コンセンサスを得る迄のやり方、持って行き方が勉強になりました。
  • 同じものを見ていても、それについての思いはそれぞれ違うというのが改めて分かって面白かったです。
  • 自分が思っている事はみんなも思っているという思い込みが、改めて間違いという事に気付きました。個性は素晴らしいと思いました。
  • 途中から参加しましたが、皆さんそれぞれ価値観が違い、面白かったです。
  • それぞれ、背景となる話しや考え方が違ったので面白かった。

グループB:

  • 合意形成の練習で、自分の考えもしない切り口の意見がたくさんあって面白かった。
  • 一人一人の合意形成をすることによって様々な意見があり、とても参考になりました。
  • ブレインストーミングをする前とした後で、意見が全く変わり、楽しかった。
    人の意見を最初から否定するのではなく、背景を知る(考える)必要性を認識した。
  • 印象に残ったキーワード:「その人の背景を理解するのがコミュニケーション」自分の意見と人の意見の違い、見方(視点)の違いで、色んな意見が出て楽しかったし面白かった。

グループC:

  • グループワークでたくさん意見が出て良かったです。
  • これだけ意見が分散するとは思わなかった。
  • 自分自身の価値観と人の価値観、共通しない事項を共通させることの難しさと多様性の楽しさを感じました。
  • 他の人の価値観が全く違い、考え方というものを感じました。
  • 前回に引き続き、価値観の多様性を実感すると共に、自信の価値観も見直すきっかけになりました。

グループD:

  • 今日の内容は難しく思いました。
  • 合意形成の難しさと、多種多様な意見があることを改めて学びました。
  • 自分の持っている切り口以外の発見が興味深かったです。
  • 一人一人違う意見をまとめるには、基準や軸をしっかりと決める事が大事なんだと思いました。
  • 今日の講座は、これまでよりもメンバー一人一人がぐっと近くに感じられる心に迫るものでした。楽しかったです。

グループE:

  • 今日はすごく楽しかったです。砂漠では救助を待つようにします。
  • 一人一人の育った環境や経験でイメージや思考回路が違うのが面白かった。
  • 考え方(好き、嫌い)の優先順位など、他の人の視点に改めて気づくことが出来、面白かったです。
  • 色々な意見があるなと思いました。その背景を知るというのが面白いです。
  • 意見のまとめ方が凄く難しかったです。

【第4回】9月1日(火)

研修内容

1.やる気を高める人間関係
2.やる気を高める職場づくり
3.自分や職場のコストを見える化してみよう

講師コメント

4回目では、企業活動の源泉の一つ「やる気」を皆で考えました。
「仕事をするうえで、何がやる気にさせるのか?」報酬、ほめられる、安心感、チャレンジ、向上心、十人十色の意見があることが分かりました。すなわち、一口に「やる気」と言っても人それぞれであり、企業活動においては、お互いにそれを知っておくことが大切です。
上司、部下、先輩、後輩、お互いに大切にしている価値観や言葉を知っておくことも必要です。利益向上やチームワークを高めたければ、「言葉の力」を知り、効果的に使うことが必要であることを学びました。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 自分、そして周囲の人間のモチベーションの上げ方はいろいろありますが、広い目で見渡して方法を選ぶことで効率よく仕事が出来、また、やってもらえる事を改めて考えさせられました。
  • 自分が大切にしている事を改めて知る事が出来ました。また人によって様々な視点があり、それが個性であり、新しい物を作る事ができるので、とても楽しい研修でした。
  • 数ある言葉の中から大切にしているものを選び出すというのが、自分のことを改めて知る事が出来る機会になり面白かった。また、他の人の大切なことを聞くのも人それぞれで楽しかった。
  • やる気が出る時客観的に自分自身を振り返る(見返す)機会になりました。また、相手をやる気にさせるにはという所を水平展開させて業務に活かしたいです。
  • 一人一人やる気のでる時、大切にしていることが違い、楽しかった。タワーはチームごとに全然違うものが完成し、面白かった。

グループB:

  • 「言葉の力」の印象が大きかった。タワー作りが楽しかった。
  • 人それぞれ大切にされている言葉が違い、自分ももっと意識していかないといけないと思った。
  • みんなで分担して1つのタワーを作り上げる事でチームワーク、コミュニケーションの大切さを学んだ。
  • 「言葉」には色々な伝わり方があり、伝わり方によってはやる気につなげたり出来るのが分かった。

グループC:

  • 楽しく作業できたと思います。
  • 作業の標準化と伝達の難しさを体験できました。
  • 人に作業を伝える、魅力を伝える難しさを学びました。
  • タワーで皆がやりやすい方法を考えるのも大切だと実感しました。
  • 色々な作業を通して「やる気」を出す方法や、引き出す方法が学べました。

グループD:

  • 楽しく取り組めました。
  • 「私の大切な3語」で、意外な自分を発見しました。
  • 物事の真実は同じでも、形になれば全く違う物になるという事をタワー作りで学びました。
  • 自分の意外な一面や、自分が大事にしている物を改めて考え、知る事が出来て楽しかったです。
  • 一つの取り組みに対する考え方の多様さが面白かったです。

グループE:

  • 班替えがありましたが、E班全員で作ったタワーが高評価だったので、嬉しかったです。
  • タワー作り、楽しかったです。一番人気で驚きました。
  • 人に説明することの難しさを感じました。タワー作りがとても楽しかったです。
  • 私の価値観で、私自身のことが再確認できたように感じました。ペーパータワー作りが楽しかったです。
  • 時間経つのが早く感じるほど面白かったです。毎回TEDも楽しみにしています。

グループF:

  • 色んなアイデアがあり、面白かったです。
  • メンバーで協力してタワー作りが出来ました。

【第3回】8月18日(火)

研修内容

1.仕事の基本は報連相
2.仕事の基本はマネジメントサイクル
3.仕事の基本はムダな会議をなくす

講師コメント

仕事の基本の一つであるホウレンソウを具体的な演習教材を用いて、理解を深めました。上司に呼ばれたら、すぐ返事、席へ向かうのは大切な原則ですが、実際には難しい場合もあり、その為には普段から上司との関係を良くしておくべきといった気づきがありました。
3分間プレゼンも回を経るごとに上達しています。次回が楽しみです。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 相手に分かりやすく話す、報告する大切さ、また難しさを改めて感じました。今日学んだ事を生かしたいと思います。
  • 「報連相」の基本、相手に指示する立場の時もどうするかなど改めて確認できました。
  • 良く分かっていなかった報連相。今後しっかり活用してみようと思いました。
  • 前回よりリラックスして臨めました。ちょっとずつチームAの良さが出てきて楽しいです。

グループB:

  • ホウレンソウの基礎を改めて学びました。実務に生かしていきます。
  • ホウレンソウの前に上司の指示を理解すること、後輩に分かりやすく指示等しなければならないということを知りました。難しいですね。
  • 仕事の職種や学年、位によって内容が異なっていたので、異業種で集まっているからこそのディスカッションで面白かったです。
  • 報連相はもとよりメイカイエンなど職場環境も気を付けたい。

グループD:

  • グループディスカッションで「ホウレンソウ」の大切さや、必要性が分かりました。

グループE:

  • 今回は前に出て話をすることが多く、スピーチのいい練習をさせて頂けました。また“報連相”だけを実践しようとしても難しいという事も知れたので、良い1日だった!!
  • 報連相を円滑にするには、上司からの命令などの方が重要という点は目からウロコでした。
  • 印象に残ったキーワード:無意識にグループの力をもらっている。送り出しの力。付き添い役のあたたかい視線。安心感。

グループF:

  • 第1回2回目と比べて、より実際の仕事に関係する内容の講習になったと思いました。今回、今までと違うグループでしたが、新鮮で良い経験となりました。
  • トラブル対応次は頑張ります!!
  • ホウレンソウ、大事だと再確認できたと共に良い上司の元で働けていると思いました。
  • 映像おもしろかったです。いつも猫背気味なので背筋を伸ばそうと思いました。
  • まさか運動をさせられるとは!でも一瞬で講師スイッチが入りました。ありがとうございました。

【第2回】7月14日(火)

研修内容

1.導入、オリエンテーション
2.ビジネス文書の作り方を理解する
3.電子メールの文章表現

講師コメント

各グループの雰囲気は初回よりは、打ち解けた感じで良かったです。中堅の業務の基礎として、ビジネス文書やメール文書を学びましたが、皆さん敬語の使い方には苦労されている様でした。
また、「目的」や「目標」といったビジネス上の基礎概念についても理解や知識の違いが大きいことを学びました。皆さん、より深く学ぼうという姿勢が今後の成果のベースとして期待できます。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 目的と目標の違いが分かって良かったと思います。 前回より参加出来たと思います。
  • 前回よりリラックスして臨めました。ちょっとずつチームAの良さが出てきて楽しいです。

グループB:

  • 目的と目標の違いについて理解しているようで、ビジネスの世界では目的が先に来るということは初めて知った。
  • 社内の人でも知っている人は多くないと思うので参考になると思う。

グループC:

  • 今回の研修で、「目的目標」の違いが以前よりも明確に理解できるようになり、非常に勉強になりました。
  • 日々の仕事では目標ばかりが先にあり、目的が明確でないからしんどくなるという言葉にとても納得しました。
  • 「目的と目標の違い」について、日常では考えたことがなく、何となく違うものだと考えていたが、実際にどう違うかということを考えてみると難しく感じたので、色々な意見を聞くことができ良かったです。

グループD:

  • 目的と目標の違いが分からなく曖昧だったので、今回の講義の内容で良く分かりました。

グループE:

  • 回を重ねるにつれてもっと話せるようになってくると思います。
  • セミナー内容について、今回も興味を引く事が多く為になりました。

【第1回】6月30日(水)

研修内容

1. オリエンテーション
2.中堅社員への期待
3.“報・連・相”のレベルアップ
4.やる気をあげる方法を理解する

講師コメント

年齢差27歳という幅の広さがある為、初回として、チームビルディングに注力しました。業種、年齢、性別の幅の意識を早く無くし、積極的な参加意欲を促す演習を多用しました。スピーチは、皆さん初めてにもかかわらず、予想以上の上手さで今後が大いに期待できます。

研修風景、参加者コメント

グループA:

  • 最初は難しいかと思っていたがグループディスカッションなど、取り組みやすかった。
  • 新しく人と出会い関わるという事の難しさや恥ずかしさなど久しぶりに感じる事ができました。
  • 自分の行動が周りに与える影響って何だろう。明日会社で試してみたいと思いました。

グループB:

  • ほぼ全員不安な気持ちからスタートしたが、研修を受けて今後の9回が楽しみな内容であった。

グループC:

  • 初参加。考えていた研修形態とは違い、戸惑いもあったが、時が経つにつれ不安感はなくなっていった。次回につなげていきたい。
  • 仕事とは、生活のために働いているのを基本に、小さな「やる気のでる時」の積み重ねで、成り立っているのかなと思いました。
  • 仕事上で関わることのない方々と話が出来てよかった。今後も「人との会話」を大事にしていきたい。

グループD:

  • とても分かりやすく、最初は戸惑っていましたが途中で楽になりました。皆との距離感も詰めやすく進行されて良いです。次回が楽しみになる終わり方でした。

グループE:

  • 初めて集まったメンバーとは思えない程、楽しい時間でした。今後、協力して自身を高めていきたいと思います。
  • 初めは戸惑いもありましたが、終わってみると、社外の方々の色々な考えが聞けて良い経験となりました。

グループF:

  • 上司からの説明もあり、期待して行う事ができました。班のメンバーも良く、話が途切れる事もなかったです。次回もこの班で行いたいです。